」カテゴリーアーカイブ

「水毒」を薬剤師×さとう式で考えてみた

こんにちは!
薬剤師/セルフケアマスター/シューマイスターのちしゃきです。

今回は、漢方目線×さとう式で体液循環を考えてみたお話。

昨日、薬局で同僚の薬剤師さんと漢方の話をしていました。
その中で、話が盛り上がった漢方が「五苓散(ゴレイサン)」。

五苓散とは、体内の水分代謝異常を調整してくれる漢方です。
東洋医学では、体液の循環が悪くなり、体液が必要以上に体に溜まった状態を、「水毒」と言います。
むくんで顔が腫れたり、足が太くなったりという見た目の問題だけでなく、
頭痛、悪心、嘔吐、下痢、めまいとして症状が出る場合があります。
(さらに…)

抗生物質が熱を悪化させた?

こんにちは!
薬剤師/セルフケアマスター/シューマイスターのちしゃきです。

今回は、抗生剤で熱が悪化した知人の話です。

10月初めに、熱を出し始め、37〜38度をうろちょろしてて、
熱を出して3日目の朝方、40度の大台を超えたので、
すぐに内科を受診しました。
先生は 「風邪でしょう」ということで、 (さらに…)

薬剤師なのにさとう式

こんにちは!
薬剤師/セルフケアマスター/シューマイスターのちしゃきあきこです。

先日、りちゃーど先生の講座を見学に行った時、
薬剤師がなんで、さとう式やってるんですか?って質問受けたよーっと
りちゃーど先生からお話を聞きました。

うーーーん、なんでだろうか。。
改めて、さとう式をなぜやってるか自問自答。

私が出会ったさとう式をやってる人たちがみんな楽しそうだから。
さとう式をやると、体も心もどんどん元気になっていくから。
さとう式は、誰かを幸せにする力があると思えたから。

私は薬屋さんなので、
「薬を正しく使ってほしい。」
というのが、本質的な理由かもしれません。
(さらに…)