さとう式」カテゴリーアーカイブ

安全に、美味しく噛んで食べるために

薬剤師/セルフケアマスター/シューマイスターのちしゃきです。
(現在さとう式インストラクター養成講座受講中)

先日、知り合いの病院薬剤師さんに、
「しゃぶしゃぶのお肉を喉に詰まらせて心肺停止」という事故のお話を聞きました。

普段、何気なく、特に意識することもなく
「食べる」「飲み込む」というこをやっていますが、
命を維持するために食べているのに、その行為が命の危険にさらすことになってしまう。

高齢で飲み込む力が落ちたり、麻痺があって、
飲み込むことがうまくできなくなったりすると (さらに…)

3万円の靴は要らない

こんにちは!
薬剤師/セルフケアマスター/シューマイスターのちしゃきです。

今日は、
さとう式屈筋理論を知っていれば高い靴は要らない。
っていうお話です。

かれこれ6、7年前のこと、

仕事用の3千円くらいの靴を履いて、よく足にタコができていました。
厚くなった皮膚をカッターやカミソリで削ったり、タコの芯を取ったり
とにかく、痛いし、手入れがめんどくさいし、、

これはきっと、安い靴が悪いんだ!

一念発起し、靴屋さんで
「高くてもいいんで足によい、体に良い靴をください」
と靴を買いに行きました。

紹介された靴は三万円。
しかも取り寄せ。

靴裏が不安定な靴で、不安定な足元のバランスを取るために
腹筋、背筋が鍛えられる。
ふくらはぎの筋肉をよく使うので、足のむくみにもよい。
(さらに…)

怪我をしない体の使い方

こんにちは!
薬剤師/セルフケアマスター/シューマイスターのちしゃきです。

さとう式を本格的に初めて、1年くらい経ちました。
今では、ほとんど湿布もサポーターも使わずに過ごしていますが、
昔は、よく腱鞘炎になったり、腰を痛めたりしていました。

薬剤師の仕事って結構肉体労働なんです。
例えば、ドラッグストアの場合
10本入りドリンクの山。
この山を積むのって、大変。
特に夏は、汗だくになりながら、作業してます。
ドリンク一つ一つが重くて、
腰や手首をよく痛めていました。

病院の場合だと、 (さらに…)