自己紹介

こんにちは、はじめまして。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

樗木 晃子(ちしゃき あきこ)と申します。

福岡生まれの薬剤師です。

高校三年生の夏に薬剤師を志し、薬学部を卒業し、免許取得。

その後、2年間大学院で勉強したのち、大学病院、薬局に従事。

薬剤師歴8年目となりました。

日々、患者様と向き合い、日本医療の光と闇、薬の現実と向き合ってきました。

「薬を飲んでも、症状が治らない。どうしたらいいのか?」

「いつまで薬を飲まなければいけないの?」

「飲みやめたら、症状がでるから」

「薬剤師は先生の処方した通り薬をくれればいい」

いろんなことを、患者様に言われました。

そのうち、薬のことが嫌いになりました。

あんなに夢見ていた薬剤師への憧れが嫌悪感へと変わりました。

それから、薬剤師である自分が大嫌いになり、薬剤師を辞めたいと思うように。

セミナーでビジネスのことや、健康のこと、たくさん学びました。

各分野で活躍されている方とお話しする機会も多くいただき、

仕事について、人生についてたくさん考えました。

「私はどうやったら幸せになれるのか」「私が求める幸せとはなんなのか」

医療以外のビジネスを幾つかやってみました。

「お金があれば幸せになれる」そう思っていたからです。

でも、お金だけを求め続けることに、疲れてしまいました。

私は何をしたいのか、どうなりたいのか、何が一番幸せなのか。

探し求めるうちに生まれた私の理念は、

一度の人生、1日1日を大事に積み重ねよう

今日もあなたが笑顔と幸せに包まれますように

命を大切に生きること。大切なあなたの縁をたいせつにすること。

笑顔があふれること。小さな幸せを味わうこと。

これを大切に生きていきます。

そして、私に関わって頂いた「あなた」に最高に幸せになってもらうこと。

それには、健康なココロとカラダが最低条件だと思います。

真の健康には薬はいらないと思っています。

薬は本来、必要最低限でよいはず。

そのための情報を少しずつ発信していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

これから、末長くよろしくお願い致します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA