さとう式リンパケア


『3つの基本』



全身のリンパの流れを整える「さとう式リンパケア」は、

歯科医の佐藤青児先生が、顎関節症治療の一環として考案されたものです。

体は腔で構成されている

身体には大きく分けて、口腔・胸腔・腹腔という3つの筒で構成されています。これらの腔が潰れることで、体にさまざまな不調が起こります。例えば、口腔がつぶれると、肩こりになったり、胸腔が潰れると、猫背や巻き肩、浅い呼吸になってしまいます。さらに、腹腔が潰れると、下腹が出てぽっこりお腹になったり、腰痛の原因にもなります。
その筒を内側から広げていくと、体が力学的に安定するので、先ほど挙げた不調の改善が期待できます。

支持筋は屈筋

人間の筋肉には「屈筋」と「伸筋」の2種類に分別され、関節を曲げる時には「屈筋」、伸ばす時には「伸筋」に力が入ります。屈筋は、伸筋よりも力も強く筋肉量も多いです。本来、体は屈筋が突っ張り棒のように、下から支えていると楽に立つことができます。しかし、多くの方が、伸筋をメインに使っている方が多く、そのため、不調が出やすいと考えられます。屈筋をうまく使えるようになることで、日常の動作(立つ、歩く、走る、持つなど)が楽になるだけでなく、筋肉のポンプ作用が活発となり、体液循環の改善が期待できます。

筋肉をゆるめる

筋肉が縮まった状態で動かなくなると、筋肉内に体液(リンパ間質液)の流れが悪くなり、老廃物が排出されなくなります。
筋肉がパンパンに張ると、筋肉を包んでいる筋膜が引っ張られて、刺激され、痛みとなっていきます。
「押さない!もなない!引っ張らない!」を基本に筋肉をゆるめることで、痛みが緩和され体液の流れもよくなります。